見本市展示会通信

『見本市展示会通信』第756号、「システム&トラス特集」に弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。

ユーロショップで注目された製品や日本と欧米の展示会を比べて感じること、などについて書かれています☆

全文はこちらのページから読むこと出来ます。

[インタビュー]日本の展示会発展のために ~オクタノルムジャパン

 

 

FOOMA JAPAN2017で買い取りブース

毎年何度も展示会に出展されるというこの研究所さん、毎回かかるブースレンタル費用を節約するために、ブース資材(骨組みグラフィック、展示台など)を使い回し用に買い取りされました。

 

まずは弊社にて部材を見てもらい、自社で基本ブースデザインを起こされました。

中央のタワーは、H4.5mで遠くからも目立つようにし、強度が必要なため使用した基本骨組み部材はマキシマ80角。

輸送や保管が楽になるよう壁面は布にして、ブースの顔となる通路側はオクタルミナ80を使ってグラフィックを中から光らせています。

シンプルですが大きなグラフィックが目立ち、会場内でも際立っていました。

初回のみプロの大工さん2名に施工を手伝ってもらいましたが、2回目以降は自社のスタッフさんのみで組立、撤去をされるそう。

毎年少しずつ部材を買い足しグレードアップしていく、とのことで楽しみにしています。:)