★オクタルミナ事例写真⑦★

 

こんにちわ Kuraraです。

 

今回は、展示会のエントランスで使用された『大型内照サイン』の事例をご紹介します。

 

 

使用したフレームはM1901(オクタルミナ120㎜両面用)とM1925(オクタルミナ80㎜両面用)の2種類です。

 

約800㎜角のオクタルミナを32台使用しています。

80㎜厚フレームと120㎜厚フレームをあえてミックスさせて、ランダムに積み重ね、高さも不規則にして動きのあるサイン造作になっています。

 

デザインも無駄な情報を入れず、高解像の顔写真のみで、見ている方が見られているような感覚になる大胆なアイデアです!!

 

 

背面はマキシマ80角で補強をし、配線はマキシマの中に収納しています。

全体のサイズは幅12m×H3m(最上部)で非常にインパクトがあります!!

全ての展示会で簡単にファブリックを差し替えて再利用できるので、長い目で見ると効率も良いモダンな大型内照ボックスです。

 

また、最新の事例写真ありましたらご紹介します!!

★オクタルミナ事例写真④★

 

こんにちわ Lingです。

自然史博物館にてイベントが行われた際にオクタルミナが使用されましたのでご紹介します。

 

 

これが実際の写真です。

 

歴史ある博物館と調和して非常に綺麗でダイナミックなデザインに仕上がっています。

 

ベースはオクタルミナ120mm厚フレームの両面M1901のフレームを使用して作られています。

LEDは長手側フレームの2辺のみです。ファブリックのデザインもそうですが、LEDがあることによってより見栄えのある仕上がりです。

 

 

 

 

 

ここで注目するべきポイントが2つあります。

 

まず1つ目は一部オクタルミナが開閉式であることです。

 

 

下部オクタルミナフレームにキャスターを付けて扉のようにしています。

 

私の推測ですが、

多くのVIPの方がスピーチをこの場で行うみたいなので、きっと写真手前にある台の上でスピーチを行い、終了と同時に扉を開けたのではないでしょうか。

 

きっとその場にいたらこの造りに度肝を抜かれること間違いないでしょう。。。

 

 

2つ目のポイントは

 

ファブリックから動物が浮き出しているんです!!

 

 

 

実寸サイズのジャガーを紙で作り、ファブリックの内側に埋め込んでいます。

 

開閉式の扉を開けるとこれが出てくるんです。ビックリしますよね。絶対。(笑)

 

 

それではまた新しい事例がありましたらご紹介します~。